インタビュー

建築

矢部 私もバーを経営しているので、とても共感します。やはり最終的には「人」にお客さんがつくものですよね。

中山 おっしゃる通りです。そして恩返しという点では、業界全体にも貢献したいのです。日本のものづくりを支えた職人の方々が引退していく中で、その技術を受け継ぐ職人が不足している現状は、危機的だと思っています。建設業界に身を置く人間として、その状況を打破する一助になれたら幸いです。
 現在、その一環として、親子のDIY体験会を開催しようと計画しています。親子で協力し合い、廃材を使って何か新しい作品をつくることで、親子間のコミュニケーションにもなりますし、ものづくりの楽しさに少しでも触れてもらえたらなと。そして定期開催していくうちに、その中の何人かでも、職人の仕事に興味を持ってくれたら最高ですね。

矢部 職人が育っていくためのきっかけづくりになるわけですね。では、会社としてのビジョンはいかがでしょうか?

中山 将来的には、建築とデザイン、不動産の事業を分社化したいと思っています。それぞれで雇用を創出できれば、そこでも地域に貢献できるのかなと。そうした鮮明なビジョンを描いていますから、一つひとつ実現していけるよう、これからも着実に歩を進めてまいります。

GUEST COMMENT

矢部 みほ

「ヒト・モノ・カネの順番を大切にした経営をしたい」と話してくださった中山社長。実際、社長ご自身が人を一番に考えていらっしゃるからこそ、これまでにさまざまな方の助けを得てこられたのだと思います。その姿勢を変えずにチャレンジし、大きな夢を実現されていくことが、きっと皆さんへの恩返しにつながるはず。これからもお客さんや協力業者さん、そして業界の未来のことを思った良い仕事を続けていってくださいね。

1 2 3


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 杉田 かおる 時東ぁみ