インタビュー

建築

株式会社 リテックホーム

10代から解体工事の職人を務め、20代で個人事業主として独立。解体工事業の傍ら、趣味が高じて服飾デザインやイベント活動も行う。2013年に、リフォーム・リノベーション工事をメインに手掛けるリテックホームシステムを創業。2015年に(株)リテックホームとして法人化を果たした。2017年には不動産業の資格も取得し、事業の幅を着実に広げている。

株式会社 リテックホーム
住所 〒005-0832
北海道札幌市南区北ノ沢1750-2
URL http://retechome.com/

住宅のリノベーション工事を主に手掛ける(株)リテックホーム。既存の住宅に工夫を施し、居住者やオーナーのライフスタイルに合う心地良い空間づくりを行っている。中山社長の仕事に懸ける情熱、そして協力業者や業界への感謝について、タレントの矢部みほさんが引き出す。


顧客目線を徹底したリノベーション

矢部 まずは、中山社長が会社を設立されるまでの歩みをお聞かせください。

中山 もともとは解体工事の職人として20代で独立していました。ただ、当時から服飾デザインやイベント活動も行うなど、何かをつくることへの興味が強く、そうした経緯もあって、リフォームやリノベーション事業に着手するようになったのです。法人化を果たした現在は、住宅や店舗のリフォーム・リノベーションを手掛けており、中でもマンションのリノベーション工事に注力しています。

矢部 実際には、どのような依頼があるのですか?

中山 以前、「料理が好きなお母さんのためにアイランドキッチンをつくりたい」という息子さんからの依頼を受けたことがあります。マンションは高さや空間に制限があり、特にその部屋はキッチンスペースが非常にコンパクトで。頭を悩ませましたが、お客様の想いをカタチにすることができました。引渡しの際にお母さんが涙を流して感動してくださったのです。そうやって暮らしに合った物件をプロデュースして喜んで頂けることは、この仕事の醍醐味だと感じますね。

1 2 3


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 名高達男 時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 川﨑麻世 畑山隆則