インタビュー

卸・販売

矢部 そこまでお客さんに頼られるというのは、そう多くはないことでしょうね。

池田 本当に嬉しい限りです。私は人と人のつながりを大切に考え、関わりのある方とは食事やゴルフなどでも交流を深めてきました。実際にプライベートの場のほうが、仕事の良いアイデアも生まれやすいですしね。そうした関係づくりの結果として、お客様からの後押しの声が返ってきたのかもしれません。ちなみに独立の報告をした際にも、お客様からお酒の席に誘って頂きました(笑)。

矢部 温かい人間関係を築かれていて、素晴らしいです。では、現在はどのようなお仕事をされているのでしょう。

池田 以前の会社と同じように、飲食店向けの野菜の卸が中心となります。それに加えて、食品加工の工場に卸したり、一般の消費者が購入できるようにネットでの販売も行ったりと、新しい事業にも尽力しているところです。

矢部 ネット販売ならどこにいても北海道のおいしい野菜が食べられますから、消費者としても嬉しいです。

池田 そうですね。これまでメインの販売ルートは農協でしたが、それ以外のネットストアや道の駅なども農家の方にご提案しています。扱う野菜については、「少し値が張っても、カラフルな新種の野菜を提供したい」といったお客様からのご要望を受け、実際に農家の方とお会いした上で増やすようにしているんです。農家、店舗、消費者をつなぐ、顔の見える仕事をしたいですし、それが信頼関係にも結び付くと思っています。私は飲食店で働いていた時に「信頼できる農家から野菜を仕入れたい」と思っていましたので、そうした発注者側の願いをかなえていきたいです。

新しいことへ挑戦し続ける

矢部 最近は、つくった農家さんの顔が分かる野菜もよく見かけますし、安心安全を大切に考えている消費者は多いのだと思います。

池田 ええ。飲食店でもつくり手の顔が見えるメニューは特に人気のようです。その究極の形として、都会に住む方に北海道の畑の一部をレンタルなどで所有して頂き、そこでつくった野菜を送るというサービスの展開を構想しています。契約者が希望する野菜を育て、日々の畑の様子をネットにアップして状態を確認できるようにしていきたいですね。

1 2 3


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則 宮地 真緒 矢部 みほ 名高達男 時東ぁみ 鶴久 政治