• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 ポディウム音楽事務所 代表取締役 村本 寛太郎

インタビュー

スペシャリスト

株式会社 ポディウム音楽事務所

幼少期より音楽に親しみ、ピアノ、エレクトーン、作曲などを学ぶ。14歳で打楽器奏者の道へ進み、音楽高校、音楽大学を卒業。その後、オランダに留学したことを機に、教育の世界にも興味を持つ。2017年に起業し、音楽教育の普及やその指導者の育成に注力している。

株式会社 ポディウム音楽事務所
住所 〒350-0817
埼玉県川越市上戸新町25-7
URL https://podimusi.com/

石黒 村本社長は、打楽器奏者や指揮者として第一線で活躍されつつ、音楽と教育を結ぶ事業を始められたそうですね。まずはその経緯からお聞かせください。

村本 事業を構想し始めたきっかけは、音楽高校・大学卒業後に留学先のオランダで知った、幼児教育の素晴らしさでした。そこでは幼稚園に音大生が派遣されるなど、幼少期から本格的な音楽に触れる環境が整っており、日本でもこうした取り組みができないかと思ったんです。それから10年ほど、音楽家として活動しながら音楽と教育を近づける方法を考え続け、2017年にようやく会社として形にすることができました。

石黒 音楽教育への熱い思いを長年抱いていらしたのですね。具体的にはどのような活動をされているのでしょう。

村本 幼稚園や小学校における、子どもたちへの楽器指導や、子どもの個性に合わせた指導のための教員研修、練習用の音源・楽譜制作などが中心です。園や学校で一流の音楽家を集めた鑑賞会も開き、演奏前には曲の流れや見所、どんな人が演奏するのかなどをお話しします。教育者は基礎科目に重点を置く傾向が強く、音楽家も教育に対する関心は低いのが現状。私はそれを根底から変えたいと考えているんです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒