インタビュー

美容・健康

コスモ治療院

学生時代は新体操に打ち込み、全日本選手権で優勝。その後はオリンピックの強化コーチを務めつつ建設業界で働くも、交通事故による頸椎骨折で一時は寝たきりに。絶望と思われた状況から鍼治療によって回復したことがきっかけで自身も鍼灸師を志し、知人の治療院で経験を積んだ後にコスモ治療院を開院。2014年に法人化した。

コスモ治療院
住所 〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-3-15
インペリアルビル5F
URL http://www.cosmobodycare.com/

矢部 川﨑院長は、かつて交通事故で命に関わる大ケガをされたそうですね。

川﨑 はい。頸椎骨折で体が全く動かなくなり、一時は寝たきりの生活を送っていました。折れ方が特殊で全身不随は免れましたが、リハビリを経て回復しても首はずっと動かないままで・・・。そんな折、学生時代の先輩から「治療院を開いたから手伝ってほしい」と声を掛けられました。そこで、先輩に鍼を打ってもらううちに、首に変化が見えてきたのです。

矢部 リハビリをしても動かなかった首が、鍼灸で動くようになったと。

川﨑 ええ。そこからヒントを得て、鍼灸の学校に通いながら独自の理論を編み出したのです。そして学校の先生や医師に説明し、その理論を基に自分に鍼治療を行いました。結果、既存の治療法では考えられないほど劇的に改善できて──そのことが、この道で生きていこうと決心するきっかけとなりました。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒