インタビュー

IT

GA 株式会社

事業主である祖父や父に影響を受け、若い頃から将来独立することを志す。未来の社会動向を見据えてIT業界に進み、約20年もの間エンジニアやマネジャーとして経験を積む。2017年に満を持して独立し、GA(株)を設立。ITを活用したサービス設計をはじめ、経営コンサルティング、探偵業、コミュニケーション能力育成など、多岐にわたる事業を手掛けている。

GA 株式会社
住所 〒183-0022
東京都府中市宮西町4-16-1 フレアー443.502
URL https://goagency.biz/

IT事業からスタートし、コンサルティングや探偵など、幅広く事業展開するGA(株)。新たな事業に取り組み続ける、栗田社長の原動力はどこにあるのか。そして今後の展望とは。─社長と同じく数々のチャレンジをしてきた、タレントの水野裕子さんがインタビュー。


人の悩みに寄り添い解決へ

水野 まずは、栗田社長が独立を果たされるまでの歩みをお聞かせください。

栗田 私の祖父や父は自分で事業を手掛けており、周囲からも愛されていました。その様子を目にして育ったため「自分もいつかは独立したい」という思いを、幼い頃から自然と抱いていたんです。そんな私が就職の時期を迎えたのは、ちょうど21世紀を目前にした頃。今後、コンピューターが台頭していくだろうと強く感じ、IT企業に入社しました。そこで20年ほど勤める中、多くの経験を積みましたが、もっとリアルな人付き合いを大切に仕事をしたいと思うようになったんです。そして一念発起し、2017年にGA(株)を設立しました。

水野 なるほど。そういった背景から、現在は人と深く関わる探偵業も展開していらっしゃるのですね。

栗田 はい。IT企業としてスタートしましたが、探偵なら人の悩みに直接向き合って解決へと導けると思い立ち、探偵事務所も立ち上げました。また、経営者の方のお悩みを解決するという観点で、経営コンサルティングも手掛けています。今の時代、ITを活用した経営戦略が欠かせませんから、前職で培った知識を活用してサポートしているんです。ちなみに、社名の「GA」は、私の名前「剛(Go)」の「事務所(Agency)」という意味で、どんな事業も手掛けられる会社にしたいという思いを込めました。

1 2 3

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年4月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロボクサー・井上尚弥選手がご登場。5月25日のバンタム級世界戦の直前に、試合に向けた意気込みや、挑戦への思いを伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 矢部 みほ 名高達男 杉田 かおる 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 時東ぁみ 宮地 真緒 駒田 徳広