インタビュー

医療・福祉

福岡中央整体

福岡県福岡市出身。頭蓋骨や内臓にアプローチして脳の命令伝達を改善し、自然治癒力を高めるソフトな整体を手掛けている。この特殊な整体法の、福岡で唯一の使い手。「福岡中央整体」には、病院で治らなかった痛み・シビレに悩む患者が多数来院している。

福岡中央整体
住所 〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-10-24
サンド渡辺ビル102
URL https://www.fc-seitai.com/

鶴久 まず、谷川院長が“ソフトな整体”という特殊な整体法を手掛けるようになったきっかけを教えてください。

谷川 開業当初の施術は、他の多くの治療院と同じく、筋肉が硬くなっている部分を揉むというものでした。しかし、さらに施術の効果を高めたいと考えて模索する中、ある勉強会で現在手掛けている整体法に出会い、「これはすごい整体法だ」と直感的に分かりました。それを私の母に受けさせたところ、動脈硬化症が改善されたんです。

鶴久 それはすごいですね!具体的にはどのような整体法なのでしょう。

谷川 脳の視床下部の働きを良くして自律神経を整えるために、頭蓋骨の歪みを正すという方法です。そうして脳からの命令伝達がうまく行き渡るようにすると、患者さんが本来お持ちの自然治癒力が最大限に高められます。すると、毛細血管が開いて血流が良くなり、筋肉がゆるみますから、腰痛や肩こりが改善されるんです。他にも、頭痛や耳鳴り、めまいなど、病院の検査では原因を特定しづらい症状に対しても高い効果があります。実は、硬くなった筋肉に強い刺激を与えると、防御反応でさらに硬くなってしまいます。そこで、ソフトな整体で優しい刺激を与え、効果を深部まで届けることで、根本からの改善を目指すのです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒