インタビュー

サービス

宍戸 派遣社員というと大変そうなイメージがありましたが、より働きやすい環境を整えていらっしゃるのですね。

只野(和) そういうところを目指しています。経理スタッフで多いのは、結婚や出産を機に退職した後に現場に戻りたいという女性です。せっかく能力があるのにブランクを理由に復帰を諦めてしまうことのないよう、当社ではスキルをブラッシュアップする場を設けて、再び現場で輝けるようにしています。また、旅行業のほうは小さい子どもがいる若い女性スタッフが多いですね。いずれの事業でも頑張りを評価することで、働きがいのある職場にしたいと考えています。

宍戸 最後に、これからのビジョンについてはいかがでしょう。

只野(隆) 今後も公認会計士、税理士、弁護士、司法書士の先生方とのネットワークを生かし、経理以外の面でもお客様のビジネスを幅広くサポートしていければと思います。

只野(和) 若い経理スタッフを育て、みんなが楽しく働いてチャレンジできる会社をつくります。将来的にはその一環として、スタッフの子どもなどを預かる保育園を運営するのも良いかもしれません。これからもお客様目線を心掛け、派遣先や旅行先で笑顔をお届けしようと思います。請負・派遣・旅行のどの事業でも、お客様との人間関係を大切に、誠実・信頼・親切を軸にしたサービスをリーズナブルな料金で提供していきたいです。

GUEST COMMENT

宍戸 開

スタッフの方を大切にし、お客さんにも血の通ったサービスを提供されている様子が、只野社長とご主人のお話から伝わってきました。経理スタッフの方が持つ職人としての能力は正に「スペシャリスト」。そうした優れた人材を適材適所に配置して働きやすい環境を整え、多くの企業を支えていってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則