インタビュー

スペシャリスト

リリーズ・トランサポート

学業修了後は高校の英語教師として6年間勤めるも、通訳者になる夢をかなえるために退職。英文事務・貿易事務・社内通訳翻訳などを手掛けた後、2010年に「リリーズ・トランサポート」を立ち上げた。

リリーズ・トランサポート
住所 宮城県仙台市青葉区
URL https://www.lilys-transupport.jp/

畑山 莉々さんは、どういったきっかけで通訳者の道に進まれたのですか?

莉々 子どもの頃に、テレビでプロ通訳者の方を見て、すごく格好良いと思ったんです。言葉が通じない人同士をつなげていく、まるで魔法使いのような存在に映って──。その姿がずっと忘れられなくて、中学に上がってからは夢中で英語を学びましたね。海外に留学したこともなければ、身の回りに英語を話せる人がいたわけでもないのですが、教科書や辞書を頼りに独学で勉強していました。

畑山 では、学校を出てからは通訳一筋に歩んで来られたのですか?

莉々 いえ。実は、社会人一歩目は高校の英語教師として就職しました。ただ、やはり通訳者になるという夢が諦めきれず、30歳を前に退職してこの道に進むことを決めたんです。とはいえ、宮城県内で通訳のニーズは決して多くなく、しばらくは企業に入って翻訳の仕事で生計を立てていたことも。それが、次第に個人で通訳の依頼を受けられるようになり、2010年に個人事業で独立することができました。

1 2

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年1月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭には元全日本女子バレーボール選手・木村沙織さんがご登場。半生を振り返って頂きながら、第一線で活躍し続けられた要因を伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 名高達男 川﨑麻世 時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 駒田 徳広 畑山隆則