インタビュー

医療・福祉

合同会社 日本メディカル

政治家の秘書を長年務める。障がいを持つ親戚が放課後等デイサービスに通う様子を見て、行政と力を合わせより良いサポートをしたいと思うように。その後、2016年9月に(同)日本メディカルを立ち上げ、2017年6月に放課後等デイサービス「アシストプラス」を開設。

合同会社 日本メディカル
住所 〒984-0838
宮城県仙台市若林区上飯田2-2-48
プリンスコート横堀2F
URL http://www.assistp.co.jp/

畑山 こちらは放課後等デイサービスとのことですが、須知代表がこの事業を始められたきっかけを教えてください。

須知 障がいを持つ私の甥が、放課後等デイサービスに通う様子を見ていたことですね。もともと私は政治家の秘書として長く働いていたため、もっと行政と連携してできることがあると感じ、この事業を始めました。

畑山 実際に始められてみて、手応えはいかがですか?

須知 私自身には教育に関するノウハウはありませんが、保育や介護の資格を持つスタッフに支えられ、今では小学生から高校生までの10名ほどが通っています。また、不登校の子にも、まずはここに足を運んで給食の時間だけ学校に行き、少しずつ復帰してもらうサポートを行っているんです。学校で授業がある時間はこの施設のスペースは空いていますし、有効に使ってもらえればと思います。

1 2


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 名高達男 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 畑山隆則