インタビュー

サービス

株式会社 エコトップ

愛知県出身。自身が幼い頃から好きであった「片付け」の分野での独立を志し、約6年間、不用品回収業者に勤めノウハウを培う。その後、個人事業主として独立して2年ほど実績を積み、2017年に(株)エコトップとして法人化を果たす。現在は生前整理や遺品整理、整理収納に関するさまざまな資格を生かした仕事を手掛ける。

株式会社 エコトップ
住所 〒451-0073
愛知県名古屋市西区浄心本通3-15
URL http://www.fuyouhinkaisyu-ecotop.com/

大好きな「片付け」を極めたいと考え不用品回収の事業で独立し、2017年に法人化を果たした(株)エコトップの伊藤社長。さまざまな資格を取得して事業の幅を拡大し続けるなど、豊かな探究心を持つ社長に、同じく愛知県出身のタレント、水野裕子さんがインタビュー。


「好きなこと」を仕事に

水野 まず、伊藤社長が不用品回収業で独立されたきっかけを教えてください。

伊藤 私は幼い頃から片付けをするのが好きで、社会人のスタートは別の業界で営業職に就いておりましたが、「いつか片付けの仕事をしたい」と思い続けていました。そこで、不用品回収業者に入社して、ノウハウを磨くことにしたんです。実際に働いてみますと、不用品の処分方法が分からずお困りの方や、処分方法が分かっても量が多くてなかなか気が進まないという方が多くいらっしゃることに驚きました。しかし、私がお客様に代わって回収をさせて頂き、お部屋がきれいになりますと、私は大きな達成感を得られますし、お客様にも喜んで頂けるので、この仕事は天職だと思いますね。ただ、6年ほど勤めて一般的な不用品回収に限らずスキルを上げて、もっと幅広いご依頼に対応させて頂きたいという思いが芽生え、独立を決意しました。

水野 なるほど。好きな仕事で独立されてみて、手応えはいかがですか?

伊藤 本当にありがたいことに、独立当初からお客様のリピートや口コミでのご紹介を通じて、毎日仕事のご依頼を頂くことができまして、手応えを感じておりました。独立2年後の2017年には(株)エコトップとして法人化を果たすことができたんです。今では、一般的な不用品回収に加えて、資格を取得した上で買取や生前整理、遺品整理や整理収納も手掛けています。

水野 そうしたお仕事に関する資格というのもあるんですね。

伊藤 無資格でも手掛けられる業務はございますが、生前整理や遺品整理ではお客様の心のケアやサポートをするための知識が必要です。また、整理収納ですと、片付けが苦手な方にどうファシリテイトしていくのかを専門的に学ぶ必要があると思い、資格を取得いたしました。これらの資格を活用し、作業を実践させて頂くことで、さまざまな現場でお客様からご満足頂けるようになりました。

1 2 3

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年11月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 鶴久 政治 矢部 みほ 時東ぁみ 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 川﨑麻世 駒田 徳広 畑山隆則