インタビュー

サービス

名高 同業者も多いかと思いますが、代表の考えるこちらの強みとは?

狩野 1社目で身に付けたおもてなしの心と、2社目で磨いた清掃のノウハウですね。例えば、ご依頼の箇所をきれいにするのはもちろん、養生して周りも汚さないように配慮しています。また、新品の使い捨てスリッパを持参し、使用後は使い回しがないよう、差し支えなければお客様に廃棄をお願いしていて─常にきれいな足元でお宅に上がっているんです。衛生面を気にされる方だからこそご依頼を頂くのですから、どの現場でも清潔感を徹底した施工を心掛けています。

名高 そこまで気を遣って頂けるのであれば、お客様も気持ち良くお掃除をお任せできると思います。

狩野 理想としているのは、ホテルのコンシェルジュ。身だしなみを整え話し方にも気を配り、心を込めて仕事をすることで、お客様に喜んで頂くことを目指しています。他の業界における接客の仕方も学び取り、よりご満足頂けるような仕事をしていきたいですね。このような私の思いは、スタッフたちにも理解してもらえるよう伝えていこうと思います。

名高 その積み重ねがリピーター獲得、ひいては会社の発展につながると思いますが、今後についてはいかがでしょう。

狩野 当面の目標は、事務スタッフを雇い、バックアップ体制を整えること。そうして、現場スタッフの育成にも力を注げるようにしたいと思っています。未経験の案件も「これは対応できない」と断るのではなく、技術を学んだ上でチャレンジしていきたいですね。そうして事業の幅を広げつつ、接客も施工も一つひとつ丁寧に行いますから、ご家庭や家電のクリーニングをお考えの方は、ぜひ当社にお任せください!

GUEST COMMENT

名高 達男

狩野代表はとても爽やかで感じが良く、専門外ながらご提案した私の意見にも非常に真摯に耳を傾けて頂きました。誠実さが伝わってきますし、代表のような方にならお客さんも大切な自宅のクリーニングを安心して任せられるでしょう。これからもニーズに応えるために挑戦を続け、大きく成長していってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則