インタビュー

サービス

ハウスウォッシュ ブルーポート

学業修了後は世界一周の旅に出て、そこでの経験から、人の役に立てる仕事を志す。帰国後は電話回線の営業職を経て住宅・店舗クリーニングの業界へ。7年にわたって2社で技術を磨いた上で、2016年に「ハウスウォッシュ ブルーポート」として独立を果たす。

ハウスウォッシュ ブルーポート
住所 〒206-0802
東京都稲城市東長沼973-5
URL http://www.housewash-blueport.com/

名高 まず、狩野代表がハウスクリーニングのお仕事を始められたきっかけについてお聞かせください。

狩野 社会人になる前に、世界を一周してさまざまな国の様子を目にする中、清潔の大切さを学び、「人のために何かをしたい」という思いが芽生えたんです。その後、縁あってハウスクリーニングに出会い、先輩に付いて清掃に伺うと、お客様が大変喜ばれて─それを見て、この仕事で人のために働こうと決意しました。2つの清掃会社で経験を積み、お客様から後押しを受けて独立したんです。

名高 熱い思いを持ってこの道に進まれたのですね。具体的にはどのようなお仕事をされているのでしょう。

狩野 キッチンや浴室、トイレなどの清掃、家電製品のクリーニングがメインです。特に、エアコン・洗濯機・浴室がカビなどで汚れていると、お部屋の空気も不衛生になり体に害を及ぼす危険性もあるのです。プロでないと完璧にきれいにするのは難しいですし、健康のためにも定期的に清掃をお任せください。また、床や壁の汚れを防ぐコーティングや、換気扇の交換、畳やクロスの張り替えといったリフォームもご対応しています。

1 2


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則