インタビュー

医療・福祉

治療院杜葉

秋田県出身。学業修了後はサービス業に就くも、父親の他界をきっかけに治療家を目指すように。自らも難病を抱える中、専門学校に通い柔道整復術を学ぶ。卒業後はリハビリ職の経験を積み、2017年4月に「治療院杜葉」を開院した。

治療院杜葉
住所 〒277-0042
千葉県柏市逆井2-33-3
URL http://www.touha.jp/

名高 堀井院長は、どのようなきっかけで治療家を目指されたのですか?

堀井 大きなきっかけは、父が亡くなったことです。当時の私はサービス業に携わっていて、病気を患った父を前にして何もできなくて──あの時にリハビリの仕方を知っていたら、2〜3年は長生きしてくれていたと思うんです。そこで父のように苦しんでいる方を助けたいという気持ちで、治療家の道を志すようになりました。

名高 強い思いがあっての転身だったのですね。こちらでは、どういった施術をされているのでしょう。

堀井 あるセミナーに通って会得した、「杜葉式筋膜リリース」という筋膜を緩めて筋膜の硬結や歪みを正常な位置に戻す施術を行っています。自然治癒力が高まり、頭痛や腰痛などの改善が期待できるのですが、最大の特長は痛みがある箇所に直接触れないことです。痛みの原因は他の箇所にある場合がほとんど。そこで、その原因箇所を突き止めて、アプローチするのです。よろしければ名高さんも体験されてみますか?

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒