インタビュー

医療・福祉

ヒロ整骨院

大阪府出身。小学4年生からバスケットボールを始め、学業修了後は埼玉県の実業団チームに所属。引退後、カイロプラクティックや柔道整復の技術を身に付ける。2014年10月に独立し、「ヒロ整骨院」を開院。約20年の臨床経験を基に治療に励んでいる。

ヒロ整骨院
住所 〒350-0322
埼玉県比企郡鳩山町今宿532-7
URL http://hilo-seikotuin.com/

時東 まずは、濵口院長がこちらの院を開院されたきっかけから伺えますか?

濵口 もともとは、小学生の頃に始めたバスケットボールに長く打ち込んでいて、社会人になってからは実業団チームにも所属していました。そうした経緯があって、引退後は現役時代にお世話になっていた治療家の道に興味を抱いたんです。最初はカイロプラクティックの学校に通いながら、整骨院に勤務して臨床経験を積みました。そして、自分の理想とする施術を提供するために独立開業に至ったのです。

時東 院長の中で、「こういった治療を手掛けたい」という強い思いがあったのですね。

濵口 そうですね。私は、根本から治療することを大切にしているんです。マニュアルを重視して効率化を図ると、どうしても対症療法になりがちですが、そうではなく、一人ひとりの症状に合った施術をすることで、痛みを残さずに完治させることを心掛けています。また、院には最新の治療機器も揃えているんです。手技に加え、必要に応じて機器も使用しながら、最善の治療を行います。

1 2

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年1月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭には元全日本女子バレーボール選手・木村沙織さんがご登場。半生を振り返って頂きながら、第一線で活躍し続けられた要因を伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 名高達男 川﨑麻世 時東ぁみ 杉田 かおる 宮地 真緒 駒田 徳広 畑山隆則