インタビュー

サービス

株式会社 うるわしき

代表取締役 / CEO
増田 真由美
中国出身。日本と中国のハーフで幼少期から双方の文化に触れて育つ。学生時代にカナダへ長期留学。日中英のトリリンガルで通訳者も務める。全国に先駆けて結婚式での同時通訳サービスを開始。

常務取締役 / COO / Photographer
ダニエル ジョライ
ペルー出身。小学生の頃に来日。独学で写真を学び、2010年に独立。ミス・インターナショナル2012の公式フォトグラファーなどを経て、現在は広告、ウェディングフォトカメラマンとして活躍。

株式会社 うるわしき
住所 〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-15 2F
URL http://uruwasiki.co.jp/

石黒 通訳やフォトグラファー派遣、ウェディング衣装レンタルなど、幅広い事業を手掛けられているそうですね。

増田 当社は、私と夫の2人で立ち上げた会社です。私はもともとフリーの通訳・翻訳者で、夫もフリーカメラマンだったことから、互いの経験を生かし、国際事業と撮影事業をスタートしました。また、私は中国出身、夫はペルー出身で、共に外国生まれ日本育ちという背景を持っています。そこで、日本と外国双方の視点から「うるわしき日本を世界に伝えたい」という理念の下、当社を設立しました。

石黒 お2人とも日本以外の国にアイデンティティーをお持ちだからこそ、見えてくる日本の良さがあるのでしょうね。

増田 そうですね。例えば受託型国際業務の場合、通常の翻訳・通訳のみならず、企業に入り込み、企業側の立場から技術・製品の魅力をアピールさせて頂きます。日本の中小企業はとても素晴らしいノウハウを持っていても、外国に発信していくのが苦手な場合が多いので、そこをサポートしてさしあげたいと思うのです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒