インタビュー

スペシャリスト

STEP国際特許事務所

茨城県生まれ。学業修了後は、機械メーカーに就職。その後、弁理士資格を取得してコンサルティングファーム、特許事務所にて経験を積む。2016年に独立開業し、「STEP国際特許事務所」を設立。特許・商標の出願登録から知財コンサルティングまでを幅広く手掛けている。

STEP国際特許事務所
住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-28-9 東武ビル6F
URL http://www.step-pat.com/

宮地 弁理士さんという職業は知っているのですが、どのようなお仕事をされていらっしゃるのか、具体的なイメージが湧いてこないです・・・。

髙橋 多くの方がそうだと思いますよ。端的に言えば、「知的財産に特化した法律家」ですね。中でも当所は特許と商標をメインにしており、発明やブランドに関する特許・商標の出願登録から、知的財産を経営に組み込むコンサルティング、海外での特許紛争の対応などまで、幅広く手掛けております。

宮地 なるほど。特許の中でも、専門的に扱われている分野はあるのですか?

髙橋 いえ、あえて特定分野をつくらない、「ゼネラリスト」であるのが当所の特長です。ですが、機械・電気・化学・バイオなどさまざまな分野のエキスパートを揃えているので、どんなご相談にも対応することができると自負しております。

宮地 それは頼もしいですね。顧客と接する際に、大切にされていることがあれば教えてください。

髙橋 背伸びをせずに等身大で向き合い、お客様の立場まで考えて行動することです。ですので、仕事のご依頼はメールや電話だけでお受けせずに、必ず「会う」ことを大切にしています。実際にお会いして、技術やブランドに懸ける思いを十分に受け止めることで、お客様にとってベストな提案ができますし、お客様からは当所を信頼して頂けると思うんです。

宮地 そのように真摯に向き合ってくださる髙橋代表になら、依頼される企業も安心して大事な発明品をお任せできそうです。

髙橋 そうであれば嬉しいです。ありがたいことに独立以来、お客様からの紹介で継続して案件を頂いていますので、これからもそうしたご縁を大切にしていきたいですね。

宮地 では、今後の展望についてもお聞かせください。

髙橋 企業様のパートナーとして、これからも知的財産権を生かしてさらに成長して頂くためのサポートをしていきたいです。また、一般的にとっつきづらいと思われがちな、特許をはじめとする知的財産のイメージを身近なものへと変えていきたいですね。知的財産を上手に活用することで、世の中はさらに便利になりますし、権利を有する企業のイメージや業績も上がって、そこで働く開発や営業の方も元気になる─そんなふうに、知的財産は世の中を明るく、幸せにしていける可能性を秘めていると思いますから。

GUEST COMMENT

宮地 真緒

私は今まで、士業の方に少し堅いイメージを抱いていたのですが、髙橋代表はとても柔らかくお話ししやすい方だと感じました。お客様にとっては、垣根をつくらずにどんなことでも相談できる、頼もしい存在となるはず。これからも経営者の方の傍に寄り添い、企業がステップアップするためのサポートをされていってくださいね!

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年11月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 鶴久 政治 矢部 みほ 時東ぁみ 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 川﨑麻世 駒田 徳広 畑山隆則