インタビュー

建築

石黒 そうした周囲への感謝を持てる社長だからこそ、皆さんが付いて来たのだと思います。従業員の方に指導されていることなどはありますか?

三浦 私自身も心掛けていますが、礼節を重んじることですね。人と直に接する仕事ですから、やはり第一印象が大切。そのため、特に挨拶や言葉遣いはしっかり行うよう、指導しているんです。
 あとは、現場において常に相手の立場になって物事を考えること。元請けの企業様や施主様はもちろん、マンションや学校であれば、そこに住む・通う方々のことまで考えて、品質が高く、安心で安全な作業を徹底しているんです。

石黒 とても堅実で、元請けや施主の方々も「また依頼したい」と思われることでしょうね。では、このお仕事のやりがいはどういったところに感じますか?

三浦 建設現場で足場は大切な役割を担うもの。大工さんも、塗装や左官などの職人さんも足場を使います。自分たちが組んだ足場で大勢の人が作業をされていると思うと、それだけで誇りに感じますし、そうした方々から「作業がしやすい安全な足場だった」と評価して頂けると非常に嬉しく思います。

石黒 なるほど、まさに現場の土台を支える存在なのですね。今後の展望としてはいかがお考えでしょう。

三浦 いろいろな事業に着手するのではなく、まずは足場という1つの分野を極めたいと考えています。従業員にとっても働きやすい会社であれるよう、当面は会社の中身を充実させていくつもりです。まだまだ、当社は成長途上。これからも従業員のみんなと「共」に「伸」びていけるよう、努めてまいります!
 

GUEST COMMENT

石黒 彩

他業界で会社を経営されているお父様を尊敬され、お母様の誕生日に起業されるなど、ご両親への感謝も忘れない三浦社長。公私共に、周りの方々を本当に大切にされている様子が伝わってきました。若い世代の鑑となる存在として、これからもご活躍を続けられてくださいね!

1 2


amazonからのご注文
2022年5月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則