インタビュー

美容・健康

カイロサロン世田谷

千葉県出身。自身が腰痛に苦しみ、カイロプラクティックで改善したことから施術に興味を抱く。育児や家事の合間を縫って知識と技術を身に付け、さらにはエステティックの技術も習得。他店舗で6年の施術経験を積み、2015年にサロンをオープンした。

カイロサロン世田谷
住所 〒154-0002
東京都世田谷区下馬3-15-4
URL http://www.ekiten.jp/shop_7004173/

杉田 女性専用のカイロプラクティック・美容サロンだと伺っています。まずは、四宮さんがサロンをオープンされるまでの経緯から教えてください。

四宮 以前、デスクワークが原因で腰痛を発症したことがあって。そのときにカイロの施術を受けたところ、症状が改善しました。しかし、その後しばらくして、引っ越し作業をする中で再発してしまい・・・整体やマッサージでは良くならず、最終的にカイロを受けてみると、また改善したんです。そのとき、治療院の先生から「四宮さんもカイロを学んでみたら?」と勧められて。私もカイロにとても興味が湧いていたので、勉強することにしました。そして、施術の経験を積み、当サロンのオープンに至ったのです。

杉田 ご自身の体験から導かれるようにこの道に進まれたのですね。サロンには、主にどんな症状の方が来られますか?

四宮 最近は、パソコンやスマートフォンを使用してストレートネックになり、それが原因で体調を崩されている方が多いですね。ストレートネックは首だけの症状ではなく、猫背になって筋肉が前方につられることで、内臓の位置が下がったり、冷え性やむくみなどの症状を引き起こしたりするんです。そこで、まずは筋肉硬直をゆるめて骨格を整えます。

1 2

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年9月号
companytalk

巻頭企画には株式会社ワンダーテーブルの秋元社長が登場。飲食業界で数々の改革を行う経営哲学について伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たち。本業における信念やその軌跡、そして経営者へのインタビューを通じて感じたことについて、本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 川﨑麻世 水野 裕子 鶴久 政治 駒田 徳広 矢部 みほ 杉田 かおる 時東ぁみ 畑山隆則 大門正明