インタビュー

IT

西岡 その事業の幅と社長の営業力があれば、お客様は増えていきそうです。

光田 ところが設立当初から、ありがたいことに紹介の案件が続き、これまで一度も営業活動をしたことがないんです。かつては仕事を頂くため必死に営業していましたが、独立してからはお客様あっての仕事なのだと実感しました。そこで、今では目の前のお客様を大切にし、業務外の質問や相談にも向き合って一緒に問題解決を目指すようにしているんです。

西岡 「ここまでしてもらえた」ということが信頼を生み、紹介へと結び付いているのだと思います。

光田 そうであれば嬉しいですね。それから、ホームページ以外の新サービスをつくってご案内したときに、「光田さんがやるなら」と支持して頂くなど、期待の大きさを感じています。初めは自分の知っている範囲で仕事が生まれていたのが、今ではスタッフが新たな仕事をつなげていたり、直接存じ上げなかったお客様が当社を知ってくれていたり・・・。そうした人とのつながりを、これからさらに広げたいですね。

西岡 最後に、今後のビジョンについてはいかがでしょうか。

光田 IT事業を根幹に運営しつつ、1つの企業のように予算などを定めたチームを複数、社内につくることが目標です。例えば「お店を出したい」など、スタッフそれぞれが一度はやりたいことを諦めたことがあるかもしれません。当社ではそうした夢に挑戦できる環境をつくるので、頑張ってもらえたらと思います。

西岡 挫折した夢を実現できる可能性があれば、社員の方も嬉しいでしょうね。

光田 仕事をつまらないと思っていた人が、当社のスタッフとして楽しく働いてくれたり、お客様のピンチを支えることができたり─新しいものをつくり(メイク)、スタッフやお客様に素晴らしい景色(ビュー)を見せたいというのが、社名に込めた想い。多くの方にとっての「インフルエンサー」を目指し、人生が変わるような影響を与え続けたいです。

GUEST COMMENT

西岡 利晃

高校・大学で部活の最下位からキャプテンに上り詰め、「努力すれば何でもできる」という人生観がつくられたという光田社長。それは私も共感する考えですし、だからこそ今でも果敢に挑戦できるのだと思います。その熱意は、多くの社員や、お客さんの考え方・生き方を変えていくことでしょう。

1 2


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 杉田 かおる 時東ぁみ