インタビュー

IT

株式会社 メイクスビュー

愛知県出身。学生時代は剣道に打ち込み、高校・大学ではキャプテンを務める。大学卒業後は東京のIT系ベンチャー企業で営業職として勤務し、マネジャー活動や支社設立にも携わる。経営のノウハウを蓄えた上で、2015年に(株)メイクスビューを設立。現在はWeb制作をはじめとするさまざまなサービスを展開している。

株式会社 メイクスビュー
住所 〒541-0056
大阪府大阪市中央区久太郎町2-4-16
創空KYUTARO 502
URL http://www.makes-view.co.jp/

西岡 まず、光田社長が独立に至ったきっかけについてお聞かせください。

光田 前職で不動産系のWeb制作会社の営業で働く中、「今まで一番嬉しかったこと」を上司と話したことがありました。私にとってそれは、大学時代、所属する剣道部を強化しようと改革した制度や意識が、下の代に受け継がれていたことだと思い当たって。そこで「笑顔で楽しく働く」という私の想いを実現する組織をつくり、当時のように他の人へ影響を与えたいと考え、起業を志したのです。

西岡 事業ではなく、組織づくりに主眼を置いての独立ということですね。

光田 ええ。当社がメインにしているのは、ホームページの制作や保守・運用です。ただ、ご相談を頂ければ印刷物や看板、ロゴのデザインなども手掛けています。自分たちで仕事の幅を決めず、お客様の要望に1つでも多く応える会社にしたいというのが私の思いです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒