インタビュー

医療・福祉

株式会社 Nishiki Foods

大学卒業後、IT企業に勤める。エンジニアを経て営業や教育、人事業務にも携わった後、医療関連事業を手掛ける企業に転職。2017年、その子会社である(株)Nishiki Foodsの社長に就任した。

株式会社 Nishiki Foods
住所 〒558-0011
大阪府大阪市住吉区苅田5-18-20
URL http://nishiki-foods.com/

西岡 まず、五十棲社長が(株)Nishiki Foodsの経営を任されるまでの歩みをお聞かせください。

五十棲 大学を卒業してIT企業に入社したのですが、当時のエンジニアは人よりパソコンと向き合う考えでした。ただ、人がサービスを提供する以上、人の力が大切。そこで、社員一人ひとりの行動を変え、組織が無限に力を発揮できるよう、教育や人事を手掛けて制度や意識を変えてきました。最終的には経営に関わりたかったのですが、方向性が異なるため難しく、思い切って医療事業を手掛ける会社に飛び込みました。そこでジェネラリストとしての活動を認められ、医療・福祉施設の給食事業を手掛ける子会社である当社の経営者に抜擢されたのです。

西岡 全く違う業界に転身して経営を任されるとは、不安も大きかったのでは?

五十棲 重責もありますが、それも含めて楽しんでいます。恩師から頂いた「準備をしていた人にチャンスが訪れることが一番の幸せ」という言葉を胸に、経営者になるという夢に向けて能動的に行動した結果ですから、幸せなことです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒