インタビュー

スペシャリスト

矢部 渡邊社長は、日本のコーチング界における先駆けだったのですね。

渡邊 「コーチ」は、クライエントが行きたい方向に導くのが役割。そしてリフォームでは、お客様の望むものを具現化するのが役割です。どちらも心の迷いや、もやもやしたものを明確にスッキリさせていくものであり、それが私が行うことなんです。おかげさまで、リフォームの延長ではなくカウンセラーとしての依頼も単体で受けるようになりました。

矢部 2つの事業は全く異なるようでいて、実はつながっているわけですね。

渡邊 ある方には、「渡邊さんの仕事は“人生のリフォーム業”だ」と評されたことがあります。また以前、お客様に「私のような高齢者には、渡邊さん以外に安心して相談できる人が身近にいない。他の高齢者のためにも頑張ってほしい」と言われたこともあって──その時は、「自分はこのために仕事をしているんだ」と、天命を受けたように体が痺れました。お客様に喜んで頂いて初めて自分がいるのだと、心から感じた瞬間でしたね。

矢部 他社が真似できない独自のスタイルで、新たなニーズも生まれそうです。

渡邊 その点で言うと、現在はマンションのリフォームを手掛けることが多く、その際にアフターサポートまで任されることもあります。入居者と信頼関係を築きながら、生活上での要望や悩みを聴き、その問題のもう一段深いところにある根本的な問題をキャッチし、解決に導くということをしています。入居者にとっては本音を話しやすく、管理会社にとってもクレームやトラブルの発生を抑えることができる。今後は、こうして私が間に入ることで、皆様にメリットが生まれる仕事を増やしていきたいと思っています。

矢部 なるほど。社長には学校の先生のような安心感がありますから、皆さんがお話ししやすいのが分かる気がします。

渡邊 ありがとうございます。昨今はコミュニケーションが希薄で、信頼できる方に出会うのが難しい時代。その中で、私に対しては安心して頂きたいですし、これから出会う方にも、何でもお話し頂ける存在でありたいですね。

GUEST COMMENT

矢部 みほ

渡邊社長のお母様もとても聞き上手だそうで、幼い頃から自宅に近所の方が来られ、いろいろなお話をされていく様子を見ていたのだとか。そうした原体験があったからこそ、社長も人との対話を軸にした仕事を手掛けるようになったのかもしれませんね。これからも、多くの方にとっての拠り所であり続けてください。

1 2


amazonからのご注文
2019年4月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 宮地 真緒 畑山隆則