インタビュー

スペシャリスト

有限会社 クロースパット

北海道留萌市出身。海上自衛官を務めた後、インテリア業界へ進む。1997年に独立し、個人事業主を経て、2000年に(有)クロースパットとして法人化。コーチングやカウンセリングを学び、リフォームと並行し、カウンセラーとしてあらゆる悩み事に応えている。

有限会社 クロースパット
住所 〒003-0002
北海道札幌市白石区東札幌2条5-5-5 102
URL http://crosspot.com/

矢部 御社は、マンションや戸建てのリフォームと、カウンセリングの2本柱で事業展開する会社だそうですね。

渡邊 はい。インテリア会社で営業職を務めていた流れから、リフォーム業で独立し、2000年に法人化した次第です。

矢部 その後、どんな経緯でカウンセリングを行われるようになったのですか?

渡邊 リフォームの打ち合わせは、カタログを渡して終わりではなく、お客様のイメージや、言葉で表現できないニーズまで把握する必要があります。そのようにお客様と関係を深めていろいろなお話を伺ううちに、家庭のことなど身の上相談をされることが多くなりました。
 それで、今から20年以上前、日本では珍しかったコーチングと出会いまして。これは仕事に生かせるのではないかと思い、学ぶことにしたのです。

1 2


amazonからのご注文
2022年5月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、2021年にプロ野球選手生活を終え、野球評論家として新たな一歩を踏み出した鳥谷敬さんがご登場!成長痛や左右転向による不調と向き合った少年時代、才能が大きく開花した大学時代、そして「野球=仕事」という哲学と徹底した自己管理のもと、数々の記録を打ち立てた現役時代と引退後の未来のことまで、その歩みを余すところなく語ってもらいました。ぜひお読みください!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則