インタビュー

サービス

名高 月単位で賃貸に出すよりも効率的でしょうし、何よりそれほど思い遣って頂けるなら貸主も安心だと思います。

出川 それから私は「色々な景色を見たい」という人生観を持っていて、同様に多くの人にも見たことのない景色に触れて頂きたいと思っています。当社が窓口となって普段は足を踏み入れないような空間を共有し、それを借主の方にも楽しんで頂きたいというのが私の想いです。

名高 確かに、富裕層の方が持つ豪華な物件は、なかなか出入りできませんから、貴重な体験になりますよね。

出川 はい。それをさらに価値のある体験にするには、ホスピタリティを持っておもてなしすることが大切。細やかに気を配れるオペレーションを構築し、お客様の記憶に残る空間をつくります。

名高 特に海外からの観光客の場合は、宿泊先によって旅の思い出も変わりますから、良いものを提供したいですね。

出川 おっしゃる通りです。レンタルスペースとしては日本の方の利用がほとんどですが、民泊は海外の方がメインです。民泊のトラブルを不安視する方もいらっしゃるかもしれませんが、複数の言語で表記するなど、しっかりルールをお伝えすれば、海外の方にも守って頂けます。借主の方には「シェアリングエコノミーは、人にお借りしたものを大事に使う優しさがないと成り立たない」ということをご理解頂いた上で、貸主・借主の双方にご満足頂けるよう努めているのです。

13157k名高 社長のその思いが広まると民泊のイメージも向上するでしょうから、今後の展開が楽しみです。

出川 ありがとうございます。今後は海外の方が日本の伝統文化や自然を体験する仕組みを整え、旅の価値を高められたらと思います。そして、宿泊という空間プロデュース事業の経験を生かし、将来的には、その土地ならではの魅力を引き出す街づくりに携わりたいです。

13157g
GUEST COMMENT

名高 達男

貸主に利益、借主に価値ある体験を提供したいと、お客さんへの思い遣りにあふれる出川社長。2020年の東京オリンピックに向けて、民泊はさらに需要が高まるでしょう。証券会社で極めた営業力を生かしながら物件の数を増やし、これからも多くの人を喜ばせていってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則