インタビュー

サービス

株式会社 シェアレコ

大学卒業後は大手証券会社に7年ほど勤め、優秀な成績を残す。富裕層の顧客との交流を深める中、遊休資産を有効活用できないかと考え、2016年に(株)シェアレコを設立。シェアリングエコノミーの観点から、民泊やレンタルスペースの事業を手掛ける。

13157l
株式会社 シェアレコ
住所 〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-36-2
THE CONOE 代官山 005
URL https://www.share-reco.net/

名高 御社は民泊事業を手掛けられているそうですが、出川社長がこの事業で起業された経緯を教えてください。

出川 大学卒業後は大手証券会社に営業マンとして勤めましたが、富裕層のお客様の中にうまく運用できていない不動産資産をお持ちの方が多いと気付いて。そうした空き家状態の物件を運用でき、自分で納得がいくサービスをご提案したいと思ったことが起業のきっかけです。

名高 すると、証券会社時代の富裕層の方とのつながりも生かせそうですね。

出川 ええ、お付き合いのある方からのご紹介を頂きつつ、誰にも負けない営業力で手掛ける物件を少しずつ増やしているところです。当社は1日単位から利用する民泊だけでなく、ホームパーティなどができるレンタルスペースとして時間単位での貸し出しも仲介しています。物件をご提供頂いている貸主の方に少しでも利益をもたらすべく、世界規模で展開する民泊マッチングサイトに加え、物件に合わせた複数のサイトを利用し、効果的に集客できるようにしているんです。

1 2


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 名高達男 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 畑山隆則