インタビュー

建築

望月造園

大手自動車業界で整備士、営業として勤務し、医療業界への転職を経て、40代半ばから植木屋としてのキャリアをスタートする。実務を通じて経験とノウハウを蓄えて2011年に独立し、望月造園を立ち上げた。

望月造園
住所 〒252-0134 神奈川県相模原市緑区下九沢1899-1
URL https://www.mochiduki-zoen.com/

名高 望月代表は別業界から、植木屋へ転身されたと伺いました。大胆な決断をされましたね。

望月 以前は自動車業界で営業職などを務め、その後は医療業界で働いていたのですが、その頃から自分でバラを育てるなど植物が大好きで─40代のときに思い切ってこの世界に飛び込みました。今は植木屋の仕事を通じて、植物も生き物だと認識するとともに、枯れそうな木を元気にすることで、お客様が喜ばれる顔を見られるのが嬉しくて、日々やりがいを感じながら仕事をしています。

名高 木を治すお医者さんのような存在ですね。元気がない木というのは、見て分かるものなのですか?

望月 はい。私はグリーンアドバイザーと土づくりのアドバイザーという植物や土壌に関する資格を持っておりまして、見ればある程度の状態は分かります。現状を確認した上で、植物に適した対処を施したり、土を入れ替えることで、状態を改善することができるのです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 川﨑麻世 水野 裕子 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒