インタビュー

建築

株式会社 ライフクリエイト

大学卒業後はリフォーム会社の営業職を経て、建築現場の作業員として、解体をはじめとしたあらゆる工事に携わる。ノウハウを積んで福岡県で個人事業主として独立し、スタッフを増やしながら事業の幅を着実に広げ、2012年に法人化を果たした。現在は熊本県にも事業所を構え、福岡県との2拠点を中心に仕事を手掛けている。

13153_logo
株式会社 ライフクリエイト
住所 [福岡本社]
〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前3-10-30
河野ビル 5F
[熊本営業所]
〒861-8039
熊本県熊本市東区長嶺南4-2-8
メゾンドユートピア3番館304
URL http://lcreate.co.jp/

周囲に支えられてのスタート

鶴久 まず、渡辺社長が独立するまでの歩みから教えてください。

渡辺 もともと店舗の建築に興味があって、大学卒業後はリフォーム営業や現場作業員の仕事に就きました。ただ、勤めていた会社で給与に関する問題が生じ、退職する他なくなって。そのときに初めて、独立という選択肢が生まれました。今から10年以上前のことになりますね。

鶴久 難しい状況での独立だったのですね。滑り出しは順調でしたか?

渡辺 ありがたいことに、独立する旨を周りに伝えると、すぐにお仕事を頂けるようになったんです。さらに、以前の仲間が4名ほど、「仕事を手伝いたい」と声を掛けてくれるなど、本当にたくさんの方に支えて頂いてのスタートでした。

鶴久 それだけ、社長の仕事ぶりや人柄が評価されていたということでしょうね。ちなみに法人化されてからは、2017年で丸5年になると伺いました。

渡辺 はい。最初は解体現場の片付けを請け負うところから始め、それから腕利きの大工さんが加わったことで、内装工事の仕事も請けられるようになって。そのうちにスタッフの数も増えていき、法人化することにしたのです。

1 2 3

ttl_newmag

2017年7月号

2017年7月号

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
カンパニータンクご注文

interviewer's eye

宮地 真緒 川﨑麻世 水野 裕子 鶴久 政治 駒田 徳広 矢部 みほ 杉田 かおる 時東ぁみ 畑山隆則 大門正明

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たち。本業における信念やその軌跡、そして経営者へのインタビューを通じて感じたことについて、本誌編集局が逆インタビュー。