インタビュー

スペシャリスト

石黒 では、現在はどういった指導を?

安里 文字が覚えられない、うまくコミュニケーションが取れない、という子のための学習支援を手掛けています。家庭と学校だけではケアしきれない部分を両者の間に入ってサポートする形ですね。例えば、勉強が苦手でもダンスが得意かもしれないし、絵を描くのが上手かもしれない。そんな風に、その子が「楽しい」と感じられることを見つけ、伸ばしてあげるのが私たちの役目です。それが結果的に、勉強や他のことも頑張れるモチベーションになればと思っています。

石黒 学習支援でありながら、子どもたちの成長までサポートしてくださると。

安里 ええ。そのため小学生だけでなく中学生や高校生、働く子の支えにもなれればと考えていて──。学校や職場に馴染めず、家に帰らなくなったり引きこもったりと、心が荒んでしまう子もいますから、そうした子たちがいつでも戻って来られる居場所でありたいのです。

石黒 それは、子育てに悩む保護者の方にとっても拠り所になるでしょうね。

安里 そうですね。子育ては昔のように、保護者の方だけでなく、色々な世代で一緒に行っていくものだと考えています。そこで今は、保護者の方が子育ての悩みを話せる場をつくりながら、私自身も色々なNPO団体とつながり、活動の幅を広げているところです。そして近い将来、「みんなで子育てができる環境」を離島や田舎の土地で実現したいですね。
13138k
石黒 代表が、それだけ強い思いを持ち続けられる原動力が気になります。

安里 子どもには心を動かされるんです。これからの日本をつくっていくのは子どもたちの世代。そしてその子たちもまた、次の世代に思いや文化をつなげていくわけです。そんな未来に心からワクワクしますし、その可能性を膨らませるためのサポートに、自分が少しでも携わり続けていられたら嬉しいです。

 
13138ex01
▲ 安里代表は子どもたちと動物愛護、ゴミ拾い、作物の自給自足、空き家活用、フード&ものバンクなど様々な活動に参加している。今後は子どもたちが沖縄・粟国島の文化や自然に触れ、人との関わりの中で自分を取り戻すための山村留学も行う予定だ[左・右上]
安里代表が言語療法を学んだ「東京ジョイントクリニック」のロゴ。代表は、恩師・高橋偂氏の「生きるために、まずはことばありき」との教えに感銘を受け、「ことばの部屋」と命名したという[右下]
13138g
GUEST COMMENT

石黒 彩

親に言われると反抗してしまうことも他の人に言われると納得できるなど、子どもを大勢の目で見守ることでフォローできることって多いですよね。そんな風に子育てができる環境をつくる、という安里代表の思いは素晴らしいですし、1人の母親として、その活動を応援したいです!

1 2


amazonからのご注文
2019年7月号
COMPANYTANK 2019年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、(株)新日本科学の代表取締役会長兼社長兼CEOの永田良一氏がご登場!国内外で積極的に事業拡大を図ってきた同氏から、ビジネスのヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則