インタビュー

製造・技術

株式会社 ホーステック

大手建設機械メーカーに約10年間勤務し、経験を積んで資格を取得する。その後、経営に必要なスキルを習得し、2016年4月に独立。油圧ホース修理を専門に手掛ける(株)ホーステックを設立した。保有資格は、建設機械整備士、自動車整備士、情報処理技術者、危険物取扱者、建設機械運転(各種)など多数。

13132logo

東北復興・活性化に24時間対応で貢献
株式会社 ホーステック
住所 〒983-0013 宮城県仙台市宮城野区中野1-3-26
TEL 022-254-4355
FAX 022-254-4356
URL http://www.hose-tec.com/

川上 油圧ホースの出張修理を行っているそうですね。そもそも油圧ホースとはどういったものなのでしょう。

松田 トラックや建設機械、工場のプレス機など、油圧によって動く機械に使用されていて、機械の中にある油圧ポンプ(心臓)とシリンダー等のアクチュエータ(手や足)をつなげています。油圧ホースは、人間の体に例えるなら“血管”のようなもの。1本でも破損すると機械が動かなくなってしまうくらい、重要な役割を果たすものなのです。

川上 すると、もし破損してしまったら早急な修理が必要になりますね。

松田 ええ。私も大手建設機械メーカーに勤めていたとき、様々なホース修理業者を現場に呼びましたが、色々と困った経験があって・・・。例えば、資格や経験のない人、金具が足りなくてホースがつくれない人、ホースはつくれても交換ができない人などが現場に来ることがほとんどだったのです。ホース修理が完了しないと現場が再開できませんし、万が一工期が遅れるようなことがあれば一大事です。そうした現状を知る中で、プロの仕事ができるホース修理会社をつくらなくてはと思い、当社を立ち上げました。

1 2

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年11月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 矢部 みほ 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 川﨑麻世 駒田 徳広 畑山隆則