インタビュー

ライフスタイル

Senjuー千手ー

幼少期から霊感を持ち、過去生の読み解きや霊との対話などを体験する。独学で霊術を学び、陰陽師に師事しながらオリジナルの術を考案。2017年に「Senjuー千手ー」をオープンした。的中率の高さから口コミが広まり、これまでに600名以上のカウンセリングを手掛けている。

Senjuー千手ー
住所 〒141-0031 東京都品川区西五反田5-25-5
ステージ西五反田106
URL http://www.salonsenju.jp/

川﨑 河合さんは、霊視を通じてカウンセリングをされていると伺っています。

13128t01

河合 はい。霊視・霊術の他、お祓いや未来・過去生を見るなど、お客様のお悩みに応じて様々に手掛けています。これらは、私を加護してくださる仏神やあらゆる霊術の古書からベースを学んだ上で、陰陽術や科学的な自然法則などを取り入れ、現代に合うようにアレンジしていったもの。最初はアマチュアとして友人や知人に無料奉仕で霊視カウンセリングをしていましたが、この度プロとして活動を始めました。

川﨑 河合さんご自身は、もともと霊感をお持ちだったのですか?

河合 ええ、幼少期より強い霊感があり、霊や神仏が見えたり、人の心が読めたりしていました。その能力が原因で、小・中学生の頃は学校に行けず、引きこもりがちの生活を送っていて・・・これではいけないと高校入学を機に復帰し、大学卒業後は就職もしたんです。でも、やはり人の考えていることや事業の行く末などが分かってしまうのが辛くて、結局は退職してしまいました。それから、この力を人のために使おうと思い、スピリチュアルの世界に足を踏み入れたわけです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 川﨑麻世 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒