インタビュー

不動産

吉村 安定した環境から畑違いの不動産業界へ─最初は大変だったのでは?

加藤 ええ。1軒1軒飛び込みで営業をしたり夜中までポスティングをしたりという、商社時代には考えられなかった生活を送ることになって。その上、結果がなかなか伴わず、くじけそうなときもありましたが、1年ほど経った頃から徐々に結果が出るようになり、退職する前には役員にまで昇進しました。

吉村 そうした立場から独立を決意された経緯というのは?

加藤 妻とは年齢が20歳離れているので、先立つものを残してあげたいという思いが芽生えまして。妻自身も後押ししてくれましたし、ゼロから勉強して難関である宅地建物取引士の資格まで取ってくれたので、独立の際に大きな助けとなりました。今でも妻には言葉では言い表せないほど感謝しています。

豊富なキャリアを顧客のために

吉村 不動産にも賃貸や売買など色々な種類がありますが、御社ではどのような事業を手掛けられているのでしょう。

加藤 前職から携わっていた、投資家向けの収益物件の販売に特化しています。アパートやマンションを一棟単位で販売するので非常に大規模なビジネスとなるのが特徴で、当社では市場に出回っている物件より好立地かつ、高利回りの物件をご紹介し、さらに金融機関との融資交渉までトータルで手掛けています。

吉村 通常の住宅販売とはどのような違いがあるのですか?

加藤 住宅販売の場合は、一度ご購入頂いたらお客様とはそこで完結することがほとんどです。しかし収益物件の場合は利益を出されたお客様のリピートも期待できる上に、購入されるのは主に富裕層の方ですから、他にご購入を検討されている方を紹介して頂くことも多く、そうした点に醍醐味を感じていますね。

吉村 実際に独立されてからの手応えはいかがでしょう。

1 2 3

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年5月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロボクサー・井上尚弥選手がご登場。5月25日のバンタム級世界戦の直前に、試合に向けた意気込みや、挑戦への思いを伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 杉田 かおる 時東ぁみ 鶴久 政治 名高達男 川﨑麻世 水野 裕子 畑山隆則 宮地 真緒 駒田 徳広