インタビュー

スペシャリスト

吉村 それはまた、どういった意図で?

太和田 経営者と税理士との間には信頼関係がなくてはなりませんし、結局は人間同士なので、相性もあると思うのです。特に当事務所の場合、全て私1人が対応している分、報酬も相場より安価には設定していません。その意味でも、価格ではなく人を見て選んで頂けたらと。私は「先生」ではなく、お客様の良きパートナー。お客様と一緒に企業の成長を見守っていきたいと思っていますから、その信頼関係は大切にしたいのです。

吉村 強い信念をお持ちですね。ただ、入り口のハードルを上げればお客様への責任も増すでしょう。他事務所との差別化はどのように図っているのですか?

太和田 とにかく、お客様が望むことをしてさしあげます。私のモットーは、「税理士はサービス業」ということ。例えば、節税に特化したいのであれば対策を一緒に考えますし、黒字化を望むのであればそれに向けて懸命に取り組みます。事業計画書1つとっても、作成してほしいという会社もあればそうではない会社もあるでしょうから、決して強制はしません。

吉村 解決したい問題に、完全オーダーメイドで対応して頂けるわけですね。

太和田 そのため、対応範囲も幅広いんです。1つのジャンルに特化したほうが明確な強みが生まれるかもしれませんが、私はそれよりもお客様が望むことはできる限りかなえてさしあげたいと思っています。その結果、お客様にお金を頂いて「ありがとう」の言葉まで掛けてもらえるのが、この仕事の醍醐味ですね。

13078k01

吉村 では、今後はどのような展開をされていくおつもりですか?

太和田 まずは、職員を増やしたいですね。そしておこがましいかもしれませんが、私より若い世代の優秀な税理士を育てていけたら、と。時代の流れに伴い、税理士の作業自体は会計ソフトやシステムに取って代わられるかもしれませんが、だからこそお客様と対話しながら一緒に考えていける税理士の存在が大切になるのです。そんな心の通った仕事ができる税理士を育て、さらに多くの経営者の方々をサポートしていきたいです。

GUEST COMMENT

吉村 禎章

太和田所長からは、税理士としてのポリシーと思いが伝わってきました。ご自身は「運が良い」とおっしゃっていましたが、所長のそうした熱意がお客様を引き寄せているんだと思いますよ。今後はそのマインドを、次世代の税理士の方々にも伝えていってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2020年9月号
COMPANYTANK 2020年7月号

創刊15周年特別企画と題し、総集編のほか、タレント・矢部美穂さんのロングインタビュ ーを掲載します。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 名高達男 矢部 美穂 駒田 徳広 水野 裕子 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則