インタビュー

サービス

吉村 具体的にはどのような教育プログラムを展開されるのでしょう。

宮下 例えば、直感教育という海外の考えを取り入れた独自の教育法を確立したいと考えています。幼少期に粘土や小麦粉を使って思い切り遊べる環境をつくり、勉強漬けでは得られない柔軟な発想力を養えるようにしたいですね。他にも、短期的に田舎に行って大自然の中からひらめきを得るのも良い刺激になるはず。まずは私自身が子どもたちを指導し、蓄積したノウハウを協力してくれる仲間にしっかり伝えたいです。親御さんが安心して子どもを預けられるよう、優秀なスタッフを育成し、私の思いに共感してくださる方のアドバイスを取り入れます。

吉村 公園でキャッチボールが禁止されてしまう現代にこそ、そうしたのびのびと遊ぶ経験が大切なのでしょうね。

宮下 はい。そしてもちろん机上の勉強も行うつもりで、今後ますます必要とされるプログラミングの力をつけるため、英語や算数を重点的に学ぶ幼児・小学生向けの学習塾を開校する予定です。社会の裏で動く仕組みを理解することは、独創的なサービスの創造につながります。子どもたちにはそうしたさまざまなことを糧として、成長してもらいたいです。

13077k01

吉村 教育界に新たな刺激を与える取り組みですから、今後の展開も楽しみです。

宮下 ありがとうございます。個人的には政界に進出し、教育の質の向上に貢献したいという思いもあります。まずは自分の目の届く規模で教育の拠点をつくり上げ、口コミでこの取り組みを広められたらと思っています。そしてマーケティング事業としては、面白いコンテンツを充実させて拡大していきたいですね。

13077gc01
GUEST COMMENT

吉村 禎章

未来を担う子どもたちの教育は、今後の世の中における土台となっていくもの。そこに独自の見地から新たな風を吹かせようとする宮下社長の心意気には、私も大いに賛同いたします。多くの人に感動を与えるコンテンツを生み出しつつ、それをつくれる大人が増えるように、子どもたちの教育にも励んでいってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則