インタビュー

サービス

株式会社 BLOOMPLACE

京都大学大学院で原子核工学を専攻。卒業後は大手のエンジニアリング企業、総合電機メーカー、大手損害保険会社に勤務する。社会インフラに関するプロジェクトを統括する中、教育の重要性を実感。教育事業やコンサルティングを手掛ける(株)BLOOMPLACEを2017年に設立した。

株式会社 BLOOMPLACE
住所 〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15
Win Aoyamaビル-UCF 9F
URL http://bloomplace.co.jp/

吉村 宮下社長は2017年に独立を果たされたばかりと伺っていますが、どのような事業を展開されているのですか?

宮下 中心となるのは、教育事業と顧客満足度を高めて収益が向上する仕組みやサービスをクライアント企業様に提供するコンサルティング事業です。具体的には、デザイン思考のコンサルティングを行っており、どうしたらエンドユーザーの方に「Wow!」と感動を与えられるかという視点でビジネス展開を考えます。そのためには従来にない発想力が大切になりますが、これは未来を担う子どもたちにとっても重要な力。そのため、この力を養えるような教育事業も展開しているんです。

吉村 子どもたちの将来を見据えて、根本の部分を教育するということですね。

宮下 ええ。私はこれまでさまざまな環境で働いてきましたが、革新的な発想を生み出すためには単に知識や技術を習得するのではいけないと実感して。そこで、子どもたちの創造性を養えるよう、勉強に限らない教育を行おうと考えたのが起業のきっかけの1つです。現在はチャイルドマインダーという資格を取得し、子どもたちを預かる準備を進めています。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒