• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 発達支援 ほほえみ 医療保育専門士 / ブレインジム・BBAインストラクター 安部 知世

インタビュー

医療・福祉

発達支援 ほほえみ

OL時代に児童養護施設でのボランティアを通じて発達障がいの子どもたちと関わり、心のケアの必要性を実感したことから保育士の資格を取得。保育園や心療クリニックで勤務する中で、障がいを持つ子やその保護者と多数関わる中で自ら発達支援を手掛けたいとの思いが募り、「発達支援 ほほえみ」を設立した。

発達支援 ほほえみ
住所 〒814-0003
福岡県福岡市早良区城西1-8-31 RB CORE 西新 1F
市川カウンセリングオフィス内
URL http://hohoemi-care.com/

鶴久 安部代表は発達障がいや学習障がい、不登校などの問題を抱える子どもを支援する事業を手掛けられているそうですね。

安部 はい、「ブレインジム」や「BBA」などを用いて、子どもたちがもともと持っている能力や才能を伸ばしていくお手伝いをしております。

鶴久 ブレインジムもBBAも初めて聞きますが、どのようなものか教えて頂けますか?

安部 ブレインジムはエクササイズを通じて脳と心にアプローチすることで注意力ややる気、集中力、理解力、記憶力、認知能力、思考能力、判断力、表現力などの能力を向上させていくプログラムです。繰り返し行うことで「これまでできなかったことができるようになった」と、前向きになられるお子さんが非常に多いんです。一方、BBAは障がいを持たない子どもに通常発達の土台を作るだけでなく、脳性麻痺や脳損傷などで身体が動かせない子どもに対しても、アクティビティを通じてアプローチができます。自閉症、脳性麻痺やADHD、ADDの障がい改善に高い効果が認められています。

鶴久 どちらも潜在能力を引き出すプログラムということですね。障がいを持たない方にも効果があるのですか?

13059k安部 もちろんです。ブレインジム・BBAを実践したことでスポーツのパフォーマンスが向上したり、目標とした大学に合格したという報告を多く頂いています。また子どもだけでなくご家族もプログラムの実践を通して、冷静かつおだやかな気持ちで子どもに接することができるようになったり、能力が向上したりするんです。共通して言えるのは、プログラムを実践することで誰しも自尊感情を持てるようになるということです。発達障がいの子は失敗体験が多く自分に自信が持てない子が多いのですが、成功体験を繰り返す中で自尊感情を持てるようになり、笑顔になっていきます。発達障がいの子どもたちは非常に高い能力を秘めている場合が非常に多いので、これからもそういったダイヤの原石を磨き上げるためのサポートを続けていきたいですね。

13059g
GUEST COMMENT

鶴久 政治

私は昔から脳科学に興味があり、脳にアプローチすることで人間の潜在能力を引き出すブレインジム・BBAの効果に感銘を受けました。障がいの有無にかかわらず不安症やあがり症から自分に自信を持てない方にとっても救世主のような存在になっていきそうですね。

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年11月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 矢部 みほ 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 川﨑麻世 駒田 徳広 畑山隆則