• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 学校法人 八木学園 淵野辺ひばり幼稚園 理事長 / 園長 八木 肇

インタビュー

教育・スクール

石黒 素晴らしいお考えです。園長のポリシーには普遍性を感じますし、とても感銘を受けます。

八木 時代が変わっても、教育に関する基本的なところはずっと一緒だと思っています。今の時代、集団生活が苦手な子が増えてきているのは、幼少期に他人と接する場が少ないから。そんな中で当園は、学童保育も含めると0歳から12歳まで、幅広い年齢の子が一緒の場所にいることになります。年長の子は小さい子の面倒を見ながら、小さい子は年長の子から様々なことを教わりながら、一緒に成長していく環境が整っているんです。

石黒 こうした場所の存在は、働くお母さんにとってもありがたいと思います。

13029_k01八木 当園は幼稚園も学童保育も夜7時まで子どもたちをお預かりしているので、年の離れた兄弟をお持ちのお母さんがまとめてお迎えに来られるというのも入園希望理由の1つになっています。お母さん同士が子育てについての井戸端会議をされている様子も目にしますし、そうしたコミュニティがあれば子育ての不安も解消されると考えています。

石黒 では最後に、これからの園づくりについてもお聞かせください。

八木 今後は英語教育やインターネット教育などに力を入れ、世界で活躍できる人材を育てていきたいと考えています。受け継いできた伝統を守り、新しく良いものは取り入れながら、保護者の方や他の教育機関とも連携して子どもたちの成長を見守っていきたいですね。そうして、みんながひばりのように大空に飛翔していくことが、私の願いです。

広大な敷地で伸び伸び遊べる
異年齢交流の盛んな園舎

13029_ex01
淵野辺ひばり幼稚園の広大な園舎では、学童保育も含め0〜12歳までの子どもたちが年齢の区別なく一緒に伸び伸びと遊んでいる。展示会などのイベントも頻繁に開催され、異年齢交流の中で子どもたちは気遣いや思いやりなどを学び、コミュニケーション能力を育んでいるという。
13029_gc01
GUEST COMMENT

石黒 彩

最近は、ちょっとでも危なかったり体が汚れたりすることを「うちの子にはさせないでほしい」と訴える親御さんが多くなっている気がします。けれど、多少の苦労やケガをしてでも、自分で考え友達と協力しながら壁を乗り越えたほうが、子どもの成長につながると思います。だからこそ、子どもたちを温かく見守りつつ、自主性を尊重する淵野辺ひばり幼稚園さんの教育指針には心から感銘を受けました!

1 2 3

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年4月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロボクサー・井上尚弥選手がご登場。5月25日のバンタム級世界戦の直前に、試合に向けた意気込みや、挑戦への思いを伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 矢部 みほ 名高達男 杉田 かおる 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 時東ぁみ 宮地 真緒 駒田 徳広