• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 相模大野駅前タワー 整形外科・リウマチ科 院長 / 医学博士 伊藤 淳

インタビュー

医療・福祉

相模大野駅前タワー 整形外科・リウマチ科

横浜市立大学医学部を卒業後、同大学病院の整形外科に入り、リウマチの研究を開始する。研究員としてアメリカのクリニックにも赴き、経験を積む。リウマチ治療の権威として複数の整形外科で活躍した後、後進にチャンスを与えるべく自らは独立を決意。2013年に「相模大野駅前タワー 整形外科・リウマチ科」を開院した。

12995_logo
住所 〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野3-3-1 ボーノ相模大野サウスモール4F
URL http://bono-seikei.com/

30?~50代
の女性に患者が多いというリウマチや手根管症候群。それらの治療を専門に手がけ、症状の早期改善に尽力しているのが、「相模大野駅前タワー 整形外科・リウマチ科」だ。長年リウマチの研究に携わってきた伊藤院長に、女優の川上麻衣子さんが話を伺った。


研究歴30年、リウマチ治療のプロ

川上 小田急線相模大野駅から程近く、とても通院しやすそうな立地ですね。

伊藤 ありがとうございます。当院は駅隣接の商業施設内にあるため、雨に濡れる心配もありません。近隣にお住まいの方はもちろん、小田急線沿線にお住まいの方にも気軽に来院して頂けるよう、この場所で開院しました。

川上 伊藤院長はリウマチの治療を専門とされているそうですが、もう長年その分野に携わっていらっしゃるのですか?

伊藤 はい。大学を卒業した後すぐに整形外科に入り、当時からリウマチの研究を続けてきたので、もう30年以上のキャリアがあります。その間、研究員としてアメリカへ留学し、帰国後は複数の整形外科に勤務するなど、知識と経験を蓄積してきました。

川上 まさにリウマチ治療のプロフェッショナルというわけですね。一昔前まで、リウマチは治療の難しい病気だというイメージがありましたが、現在はどのように治療されているのでしょう。

1 2 3


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒