• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • カウンセリングスタディースクール 代表 / 講師 / 心理カウンセラー 中原 謙一

インタビュー

スペシャリスト

カウンセリングスタディースクール

兵庫県出身。2002年から約12年間カウンセリングサービスに所属し、1万件以上のカウンセリングを手がける。2007年からは若手カウンセラーの育成に従事。2014年にカウンセラーの寺子屋組織「カウンセリングスタディースクール」を立ち上げ、カウンセラーとしての活動と同時にカウンセラーのケアや講演を中心に活動している。

カウンセリングスタディースクール
住所 〒142-0051 東京都品川区平塚2-10-21 301
URL http://counseling-ss.com/

相原 中原代表は、カウンセラーの方のケアをなさるカウンセラーでいらっしゃるそうですね。非常に珍しい形態ですが、よく考えればカウンセラーの方も悩みを抱えることはあるのでしょうね。

中原 ええ。仕事柄、安易に悩みをシェアすることができず、自分の中に溜め込んでしまうカウンセラーは少なくありません。その結果、ご自身が抱えたものに押し潰されてしまうことも・・・。そういった状況に陥る前に、カウンセラーの方たちをサポートしたいと思って立ち上げたのが当スクールなんです。

相原 カウンセリングでは、具体的にどのようなことをお話しされるのですか?

中原 自分自身の軸をしっかり持つように、ということをお伝えしています。心にぶれない軸を持っていないと、クライアントさんの悩みに自分の気持ちも揺さぶられてしまいますから。また、一般的なカウンセリングは「寄り添う」とか「傾聴する」姿勢を重んじますが、私は「今を楽しんでもらう」ことに重きを置いており、積極的な対話の中でポテンシャルを引き出すカウンセリングを目指しています。割合としては、7:3で私が長くお話ししていることもありますね(笑)。

1 2

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年4月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロボクサー・井上尚弥選手がご登場。5月25日のバンタム級世界戦の直前に、試合に向けた意気込みや、挑戦への思いを伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 矢部 みほ 名高達男 杉田 かおる 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 時東ぁみ 宮地 真緒 駒田 徳広