インタビュー

医療・福祉

鶴久 人との縁や巡り合わせを大切にしながら、歩んでこられたのですね。それだけ多くの方が米田院長を評価している証拠だと思いますし、院長ご自身も、人から愛されるキャラクターをお持ちなんでしょうね。

米田 ありがとうございます。そうした親しみやすさというのは院の雰囲気づくりにおいても大事にしていますし、1つの魅力として打ち出したいと考えています。通院される患者様も明るい方たちばかりなので、施術中に患者様同士で会話が盛り上がることもあるんですよ(笑)。そんな風に院全体に楽しい雰囲気が広がっていると、私も嬉しくなりますね。

鶴久 患者さんが気兼ねなく足を運べる、アットホームな院になっているんですね。施術は、どういった症状に対するアプローチになるのでしょうか?

米田 一般的に整骨院は捻挫、脱臼、骨折、打撲、挫傷を診ますが、首・肩・腰の痛みが強い方へも対応できるよう、最先端の治療機器と、東洋・西洋の医学、カイロプラクティックなど様々な理論や技術を取り入れた独自の手技を用いています。ただ、患者様が苦手なことや痛いことはなるべく行わないよう、遠慮なく申告して頂いているんです。

鶴久 患者さんとの距離の近さが伺えます。お仕事のやりがいは、どういったときに感じられますか?

米田 暗い顔で来院された方が、施術後に「ありがとうございました!」と笑顔で帰ってくださったときは本当に嬉しいですし、1人でも多くの方に良くなって頂けるよう、もっと勉強したいというモチベーションになりますね。

12929k01

鶴久 奥が深い分野だからこそ、極めようと思えばどこまでも上を目指せそうですよね。この先のご活躍も楽しみです。

米田 目標は、「ここに行けば、身体だけでなく気持ちまで楽になる」と患者様から言って頂ける院になることです。今後も、一人ひとりの患者様と密接につながる場所であり続けたいですね。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

当日は寝違えていたため首がとても辛かったのですが、対談後に米田院長に診て頂いたおかげでずいぶん楽になりました。対談中も施術中もずっと笑顔でいらっしゃるのが印象的で、その柔らかいお人柄でも患者さんの身体や心をほぐしていらっしゃるのだろうなと思いました。

1 2


amazonからのご注文
2019年1月号
COMPANYTANK 2019年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、プロレスラーの棚橋 弘至氏がご登場!プロレスの人気が低迷していた2000年代から地道な活動を続けてきた同氏。不屈の魂の持ち主の言葉には、 ビジネスにも通じるヒントが隠されていた。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 杉田 かおる 水野 裕子 矢部 みほ 畑山隆則