• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 ホームスター不動産管理 代表取締役 / 宅地建物取引士 永尾 洸平

インタビュー

不動産

鶴久 不動産購入に関するニーズは幅広いでしょうから、相談窓口が1つというのはお客様としても助かると思います。

永尾 そうですね。お客様の質問に対して「分かりません」とは答えたくありませんから、自分の中にできる限り多くの知識を蓄えておき、様々な観点からアドバイスできればと思っています。

鶴久 その他に、御社ならではの特長はございますか?

永尾 スピードに関しては他社に負けません。不動産は流動的で、いい物件はすぐに売れてしまうもの。そこで当社では、いい物件をすぐに購入してリフォームし、他社よりも先に売りに出す、ということを心がけているんです。このサービスを実現するには情報が命ですから、日頃から他の不動産業者やオーナーの方にも小まめに声をかけることで、いち早く情報を仕入れるようにしています。

鶴久 並々ならぬ熱意と行動力があってこそ、それだけのスピード感が保たれているのでしょうね。従業員の方にも、このスタンスは伝えられているのですか?

12926k01

永尾 ええ。従業員たちには仕事へのモチベーションを高めてもらえるよう、目標地点を明確に伝えています。例えば、現在は4名の従業員がいますが、1年に1店舗ずつを目標に店舗を増やし、全員にそれぞれの店長を任せたいと思っています。一人ひとりが順調に育っていけば、5年後には計5店舗を構えている、というのが理想ですね。それから、最終的には社長職を譲ることも考えているんです。だからこそ、みんなには「頑張れば頑張った分だけ、上を目指せる」という意気込みで励んでほしいと思います。

鶴久 では最後に、お客様へのメッセージをお聞かせください。

永尾 地元の久留米市で仕事を続けていられるのも、お客様の存在があってこそです。その感謝の思いを忘れず、お客様のためになるサービスを増やしていくことで、会社を成長させて参ります。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

久留米市は新幹線も開通し人口が増えていると聞いていましたが、実際は市街地に分散してしまっているそうです。社長曰く「行政と協力し合い、中心地に住む人を増やすことで久留米を盛り上げていきたい」とのこと。今後も愛する地元のため、その情熱を持ち続けてください!

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則