インタビュー

スペシャリスト

水野 代表の熱いお気持ちが伝わってきます。いざというときに理性を見失わないためには、しっかりとした準備が必要なのですね。

柳澤 おっしゃる通りです。減災において最も大切なのは、災害が起きたらどうなるのか、自分はどう行動するのかという想像力を働かせること。そこで私は、減災対策の要点と手順をお伝えする相談会を毎月開催しています。「職場からどうやってお子さんを迎えに行くか、そこからどうやって家まで帰るか、家の家具はどうなっているか、中に入れなければどこの避難所へ向かうか」─そうしてシミュレートしていくと、次第にどんな準備が必要なのか分かってくるんです。

水野 確かに、ガイドラインを示して頂けるととてもイメージしやすいですね!

12911k01

柳澤 その後は、家の構造を踏まえて固定すべき場所を探したり、水や食料をストックしたりという具体的な対策を提案させて頂きます。私は家具の転倒を防止する工事から生活物資の販売までをトータルで支援できますので、不安なことがあれば何でも相談して頂きたいですね。

水野 減災のプロフェッショナルとして、最後に皆様にメッセージをお願いします。

柳澤 各ご家庭ごとに、それぞれ異なる事情や希望があると思います。私は、それに合った対策をきちんと考えますので、できることから1つずつ、一緒にやっていきましょう。

GUEST COMMENT

水野 裕子

東海一帯は、いつ大規模地震が起きてもおかしくないと言われている地域です。それだけに、まずは身近なことから減災対策をする必要がありますよね。どうしたらいいのか分からないという方は、ぜひ柳澤代表にご相談を。親身になって一緒に対策法を考えてくださるはずです!

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則