インタビュー

製造・技術

川上 そんな海外との競争が激しい業界において老舗として経営を続けてこられているということは、御社には他社にない強みがあるのでは?

橋本 納期の厳守と、対応力には一日の長があると自負しています。海外で製造したタグに間違いがあると当社に訂正の発注が来るのですが、お客様は往々にして急がれていますから、できる限り即日に納品するように努めています。そして、それが当たり前になるとお客様のもとを訪れる機会も多くなり、コミュニケーションを取る頻度も増えますから、そこで信頼して頂くことで、徐々に当社へ優先的に仕事を頂けるようになっていきました。これは要望を的確に聞き出せる従業員たちの頑張りも非常に大きいと思いますし、同時に感謝の念が堪えません。

川上 迅速かつ丁寧な対応が実を結んだのですね。近年はコンピュータの発達もあり、仕事内容も変わってきていると思いますが、いかがですか?

橋本 コンピュータのおかげもあって、即日納品や臨機応変な依頼に対応できているという面はありますね。ただ、やはり仕事の基本は人対人。お客様の所に足繁く通い、円滑な関係を築くことが何よりも大切だと思います。

12899k01

川上 技術が進歩しても仕事で大切にすべきポイントは変わらないのですね。今後の展望についてはいかがですか?

橋本 この仕事は服飾関連のメーカー様から個人様まで、幅広いお客様からの発注がなければ成り立たない仕事ですので、今後もお客様の成長に貢献したいです。より一層、誠実に仕事に向き合うことを心がけていきます。

GUEST COMMENT

川上 麻衣子

私がタイアップしているブランドと長いお付き合いがあるとのことで、驚きました。事業を営まれてきた経緯を語る中で、取引先・従業員への感謝を何度も口にされていた橋本社長。感謝の気持ちを常に持ち続けることが、長年信頼される企業になる秘訣なのかもしれませんね。

1 2


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則