インタビュー

IT

鶴久 テクノロジーが進歩する一方で、高齢化も進んでいますから、時代の変化についていけないお年寄りにとって社長は救いの存在だと思います。

野口 北九州市は特に高齢化が進んでいる地域なので、多くの需要があると確信しています。最近は、PCのサポートでお客様のお宅に訪問した際に「スマホやタブレットのことも教えてほしい」というご要望を頂くケースが増えてきたことから、「iSchool」という教室を開いてサポートに力を入れています。

鶴久 スマホやタブレットは、その場から動かずに様々なことができますから、使いこなしたら本当はお年寄りのほうが大きなメリットを得られますよね。

野口 おっしゃる通りです。メールを送るにしても、今のスマホは音声入力ができるので操作が必要ないですし、離れて暮らしているお孫さんとのテレビ通話も簡単にできます。使い方さえ覚えれば、きっと生活がより豊かになるはずです。

鶴久 私自身、最近はスマホで音源を送り合って曲作りをしていて、ずいぶん便利になったと感じます。ただ、書籍などで知識を学ぶのには苦労しましたから、こちらのように分からない部分をピンポイントで教えてくださる教室ともっと早く出会っておきたかったですね。

12874k野口 IT機器のハウツー本はたくさんありますが、難しい専門用語が多かったり、写真の保存方法が知りたいのに撮り方しか書かれていなかったりと、なかなかニーズにマッチするものを見つけにくいのが現状です。そこで、私たちは「どこに聞けば良いのか分からない」と困っていらっしゃるお客様を総合的にサポートする、IT機器の駆け込み寺のような場所を創りたいと考えています。機種の購入から、壊れ物の廃棄まで、どんなことでもお客様に寄り添ってお手伝いしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

12874g
GUEST COMMENT

鶴久 政治

「教える立場だからこそ、上からではなくお客様の目線で考えることが重要」と力説しておられた野口社長。その親身な姿勢を全社員と共有しているためか、アルバイトの方にまで「ずっとお願いしたいから辞めないで」と言うお客さんもいらっしゃるとか。ITに関する悩みを持つ全ての方に、社長の存在を知ってほしいですね。

1 2


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則