インタビュー

スペシャリスト

世代を超えて人と社会を繋ぐ

石黒 では、御社のもう1つの事業であるシュガーデコレーション教室についてもお聞かせください。

國武(喜) シュガーデコレーションは、ケーキやクッキーなどを飾り付けする技法で、ここ数年でとても認知度が高まってきています。私は2009年からシュガーデコレーションを始め、業界最大手のWiltonでインストラクターをしていました。パリ駐在中に、パリをモチーフとした作品をプロデュースし、現地でも人気を博したことがきっかけとなって、帰国後、本格的に教室を開くことにしたんです。

國武 先日も地域のお祭りに出店したところ、お客さんがひっきりなしに訪れて大盛況でした。もともと、妻も一緒にビジネスをやりたいと言ってくれていましたし、系統は違いますが、社名である「Link of Generation=世代を越えて人と社会を繋ぐ」という観点からは、根底にあるものは一緒だと思っています。

石黒 理念を共にして歩んでいらっしゃるのは素敵だと思います。最後に、これからの目標を教えてください。

12859_k01國武 日本人は、世界的に見ても素晴らしい才能を持っていると思います。他方、依然として日本は出る杭打たれる社会であり、個性や才能を充分に発揮できずに組織や社会で埋もれてしまっている人が多いのも事実。そうした人達に、コーチングを通じて輝きを取り戻してもらい、社会を元気にしていきたいですね。

國武(喜) 私もシュガーデコレーションの魅力を広めつつ、1人でも多くの方に「Joie=喜び」を与えられたらと思います。季節ごとのテーマに合わせたアイシングクッキーやパリをモチーフにしたデコレーションもお届けしますので、ぜひ一度体験しにいらしてください。

シュガーデコレーション教室 Sucre Joie


12859_ex
Sucre Joieを主催しているのは、國武社長の妻である喜代美さん。パリから帰国後、子どもから大人まで幅広く楽しめるシュガーデコレーション教室 「Sucre Joie」を自宅で開設し、認定講師の資格取得コースや体験レッスンを開催しているほか、地域のイベントでブースを展開するなど日本でも人気が高まりつつあるシュガーデコレーションの魅力を伝えている。(詳細:http://ameblo.jp/sucrejoie5/
12859_gc01
GUEST COMMENT

石黒 彩

私が若い頃にアイドルとして伸び悩んでいた時、当時のマネージャーの励ましの言葉で気持ちが軽くなり、思い切って挑戦することができたという経験があります。そうしたきっかけを与えてくださる方の存在は本当に大切だと思いますし、ぜひ國武社長や奥様には、この先も人々に寄り添って元気を与える役割を担い続けて頂きたいと思います。

1 2 3

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年11月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 矢部 みほ 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 川﨑麻世 駒田 徳広 畑山隆則