インタビュー

卸・販売

安藤農園 株式会社

曽祖父母の代から続く農家に生まれ育つ。学業修了後は航空自衛隊に入隊、41歳まで勤め上げた後に家業へ。現在は父親と共にメネギの生産に力を注ぎ、業務改革を積極的に行いながら、出荷量や品質の向上・安定に貢献している。

安藤農園 株式会社
住所 〒490-1113 愛知県あま市中萱津南宿179
URL http://www.ando-farm.co.jp/

水野 御社ではメネギを生産されているそうですね。私の地元、愛知でメネギが生産されているなんて知りませんでした。

安藤 まとまった量のメネギを生産している農家は、日本でも3軒ほどしかありません。販売先が飲食店、特にお寿司屋さんが多く、流通量が決まっており、一般の小売店で扱うのが難しいからです。

水野 そういえば、スーパーなどで販売されているのをあまり見かけませんね。

安藤 一般の方はどのようにメネギを調理したら良いかもご存じないと思います。メネギの魅力は、ほんのりとしたネギの香りと、シャキシャキとした食感。ネギの嫌いな方でも食べられるくらい、ネギ特有の刺激臭が少ないんです。ネギトロ巻きなどに使用して頂くと、とても美味しいですよ。特に当社は土耕栽培ですから、水耕栽培のものより歯切れが良く、風味とコクのあるメネギになります。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒