インタビュー

不動産

地域に貢献し続ける会社でありたい

水野 では、事業に関するお話もお聞かせください。具体的にどのような事業内容なのでしょうか。

佐々 弊社では不動産の中でも住宅に特化し、理想の住環境を提供することを至上命題としています。土地や建物の売買や仲介・新築住宅の建設から増改築・リフォームのご相談など、トータルサポートが可能な体制を整えています。また、お客様には無理のない資金計画を立てて頂きたいので、住宅ローンのご相談もお受けしております。

水野 住まいのことであれば何でも相談できる、まさに「住まいのプロフェッショナル」ですね。最初からこのように幅広く事業を展開されていたのですか?

佐々 開業当初は土地の売買を主業務にしていたのですがある時、土地を購入されたお客様から、「建物も建ててほしかった」という要望を頂きまして。そこで新築住宅建設を請け負う住宅事業部を1から立ち上げました。他の事業に関しても、同じようにお客様のニーズに応えていった結果、リフォームや宅地開発の業務も行うようになっていったんです。

水野 「どうしたらお客様のためになるか」を追求された結果、徐々に事業の幅が広がっていったのですね。今後もさらに事業を拡大されていかれるのでしょうか?

12850k佐々 そうですね。将来的に事業所を移転して、より大きな社屋を建設する予定なのですが、ただ事業を拡大するだけではなく、そこを地域の人同士が触れ合える場として提供できればと考えています。弊社が今日まで続いてこられたのは、地元の皆様のご協力のおかげですので、恩返しをしていきたいです。弊社にとって創業20年とは、あくまで通過点。これからもより一層、会社を繁栄させて、地域に還元するという好循環を続けていければと思います。

12850g
GUEST COMMENT

水野 裕子

「お世話になった地元に恩返しがしたい」と話してくださった佐々社長。オフィスの階段を上がる時、これまでに催されてきた交流イベントの写真が至る所に貼ってありました。他にも広報用のチラシに地域のお店を取材した上で掲載されているとか。愛知県出身の私としては、社長のように地域のために頑張ってくださる方がいらっしゃるのはとても嬉しいです。

1 2 3


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則