インタビュー

建築

アートインテリア 株式会社

代表取締役 鴫原 栄司
学業修了後、国立市の内装業者に住み込みで勤めて技術を学ぶ。その後は昭島市の内装業者で働いて経験を積み、会社の後押しを受けて2000年に独立。創業直後に参入した大島氏と二人三脚で事業を継続し、2015年にアートインテリア(株)として法人化を果たした。

取締役 / 工事部長 大島 伍央
別業界で働いていたが、個人事業主として活動していた鴫原氏の事業に参入する。以後、パートナーとして鴫原氏を支え続け、現在はアートインテリア(株)の取締役に就任。鴫原氏からの信頼は厚く、将来の事業継承者として指名を受け、「貴重な逸材」と期待を寄せられる。

アートインテリア 株式会社
[営業所] 〒196-0004 東京都昭島市緑町3-16-19 1F
TEL 042-519-5416
FAX 042-519-5417

2015年に法人化を果たしたアートインテリア(株)。2000年の創業から15年以上、苦楽を共にしながら二人三脚で歩んできた鴫原社長と大島取締役が、組織を取りまとめる立場となった今、どのようなビジョンを思い描いているのか。タレントの石黒彩さんが話を伺った。


会社を舵取る「アクセル」と「ブレーキ」

石黒 鴫原社長と大島取締役は、創業時から共に仕事をされてきたそうですね。

鴫原 私が個人事業主として独立したのが2000年のことなのですが、前職でとても良くしてくださった社長が背中を押してくれて。その方の存在がなければ今はないので、本当に感謝しています。また、独立後すぐに大島が参入してくれたので、彼とはもう15年以上の付き合いになりますね。

石黒 お2人の日頃の関係性は、どのような感じなのですか?

鴫原 大島は「馬鹿」が付くほど真面目で、良いことも悪いことも直感的に判断して見切り発車しがちな私のことを制御する「ブレーキ」役ですね(笑)。以前、一時的に会社の状況が悪くなった際に私が「事業をたたみたい」とこぼしたところ、彼にものすごく怒られて・・・。それで発奮してがむしゃらに仕事に取り組んだ結果、今日までやってくることができたので、本当に感謝しています。

1 2 3

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年9月号
companytalk

巻頭企画には株式会社ワンダーテーブルの秋元社長が登場。飲食業界で数々の改革を行う経営哲学について伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たち。本業における信念やその軌跡、そして経営者へのインタビューを通じて感じたことについて、本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 川﨑麻世 水野 裕子 鶴久 政治 駒田 徳広 矢部 みほ 杉田 かおる 時東ぁみ 畑山隆則 大門正明