インタビュー

建築

鶴久 例えば、どんなことでしょう?

永田 1つは、どんなときでも自分を見てくれていた人や、厳しい状況の中で手を差し伸べてくれた人の存在です。そのときから「この人のために」というスタンスで仕事をしようという決意が固まりました。それと、経験は財産だということです。挫折がなければ今はなかったでしょうし、全ての経験が絶対に次に繋がると思えるようになりました。

鶴久 その想いは、社長の原点ですね。では、事業についても教えてください。

永田 賃貸物件をメインに、修繕やリノベーション、ハウスクリーニング、床の張替、塗装工事などを幅広く手がけています。「お客様と一緒に、喜怒哀楽を体験したい」というのが弊社のモットー。お客様のご要望や理想を、一緒に形にしていきたいと思っています。
 また、私自身もアパートを持つオーナーですので、依頼を受けたオーナー様から物件の維持に関するご相談を頂いた際には、使う素材や広さに対する家賃のバランスなど、具体的な提案が行えます。

鶴久 なるほど。そして現在は従業員を束ねる立場でもありますが、日頃どのような指導をされていますか?

永田 従業員には、仕事においてやらずに後悔するくらいなら、やってから後悔してほしいと伝えています。失敗を恐れず、全て自分の糧にしていってほしいですね。そうして従業員一人ひとりがしっかりと成長できたら、自ずと会社としても成長していけるはずですから。

鶴久 社長ご自身がそうやって学んできたからこそ、伝えられるのでしょう。では、個人としての展望はいかがですか?

永田 現在、職人仲間と一緒に、自分たちのやりたいことをひたすら追求した住宅を建てようとしているところです。売ることが目的の家ではないので、売れなくても自分たちのモデルハウスにして、新たな発想のベースにしたいですね。

12825k01

鶴久 面白い取り組みですね!社長は、周りが何と言おうと、好きなことをとことん突き詰めるタイプの人間ですよね。

永田 ええ。自分のしたいことを曲げずに貫こうと決めているんです。だから変化球は投げられないですが(笑)、それで打たれても次こそは打たれないように、また自分に磨きを掛けるまでです。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

アーティストにも万人受けを狙うタイプと表現を追求するタイプがいますが、永田社長は完全に後者。初志貫徹で、「絶対に自分の信念は曲げない」という想いが仕事の原動力になっているんですね。社長に共感するお客様が付けば、必ずコアなファンになるはずですから、今後もぶれずに我が道を突き進んでください!

1 2


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則