• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • のびラボ 管理栄養士 / ゆびのばソックスアドバイザー リフレクソロジスト 関屋 三樹子

インタビュー

美容・健康

鶴久 昨今は運動会で骨折する子どもが増えたという話も聞きますから、成長期の身体づくりは大切だと思います。

関屋 ええ、最近の子どもたちは、足に合わない靴を履いたり、外遊びが減ったりしたせいで、うまく足の指を使えず、転倒しやすく、また栄養が偏っているために怪我をしやすくなっています。

大石 私自身、中高生時代に栄養の摂り方やボディケアをしっかりしていれば、貧血に悩まされることはなかったのにと後悔しています。同じ思いを子どもたちにさせないよう、体質の改善に向けて、ご家族で一緒に関屋の足つぼマッサージや栄養指導、私の運動指導を受けて頂いているのです。

鶴久 なるほど。ご家族で一緒に指導を受けることができれば、食事の改善もしやすいでしょうね。

関屋 おっしゃる通りです。そしてご家族間の交流も深めることができますし、お互いにセルフケアも続ければ、身体能力も高まります。

12824k01

鶴久 そうするとスポーツの成績向上も期待できますね。いいことずくめですしやりがいも大きいものと思います。

大石 「成績が上がった」という報告を子どもたちから聞けたときは、嬉しいですね。怪我をしない身体をつくると長くスポーツを楽しめますし、挑戦する競技の幅も広がります。運動している子どもたちに積極的に利用して頂きたいです。

関屋 そうすることで、「福岡の子どもたちを元気にしたい」という私たち2人の夢を叶えたいと思います。椅子や机と同じように、人間も足が悪いと全体のバランスが崩れてしまいます。ですから、栄養の大切さ、そして毎日の歪みが現れる足の裏の大切さを、より多くの方に知って頂くために、これからも2人で施術や指導を続けていきます。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

お2人がそれぞれ養ってきた技術や知恵を補い合う形で健康をサポートしていらっしゃるのが印象的でした。成長期にしっかりと身体づくりができていれば、年をとっても不調が現れにくいものと思います。福岡の子どもを元気にすることは、福岡全体の活性化にもつながりますので、お2人で力を合わせて頑張ってください!

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則